人事評価の極意~稼げる人材へ

ビジョン実現型人事評価制度とは、経営計画書に直結する人事評価制度を構築、それぞれの制度の運用を仕組み化した上で、人材育成を通じて将来のビジョン、経営目標の実現を目指すものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■『一生懸命』で『まじめ』な社員はなぜ『稼げ』ないのか

「一生懸命でまじめ」多くの中小企業の社員は、この2つの長所を持っています。

では、あなたの会社の『一生懸命でまじめ』な社員は、社長の思惑通りに成長していますか?成果を上げていますか?会社に利益貢献していますか?“稼げる”人材ですか?「NO」と答える社長が多いはずです。

よく考えると変な話です。

『一生懸命でまじめな』社員が成長しないなんて。

実は、その原因は100%社長にあったのです。

■時代が求めていない、一生懸命でまじめ“だけ”の社員

いわゆるバブル崩壊前までは、むしろ『一生懸命でまじめ』な社員の方がもてはやされる時代でした。

市場そのものが拡大していたので、決められたルールや仕組みのもとで『まじめ』に『一生懸命』やっていれば、自ずと成果に繋がっていました。

しかし、バブル崩壊を境に状況は一転。

市場規模が縮小している業界ばかりで、業界内の全ての会社が成長できるといったことは不可能になりました。

こうなると、これまでと同じようにやっていても成果には繋がりません。

『不真面目』でも『型破り』な発想の戦略やアイデアで独自性を出せる社員の方が、成果を上げられるようになったのです。

しかし、中小企業に元々発想力や企画力が優れた社員ばかり来てもらうのは至難の業です。

では、どうしたらよいのでしょうか。

■育成方法を間違えている社長

これまでの中小企業の社長は、『一生懸命でまじめ』な社員の指導、育成方法を間違っていました。

考え方を共有してこなかったことと、教育をしてこなかったことが、成長させられない理由だったのです。

『会社の考え方や方針が明確でないために、間違った方向で『一生懸命』『まじめ』に取り組む社員』『教えられていないため、間違った方法や手順で『一生懸命』『まじめ』に取り組む社員』いずれも成果や成長に繋がるはずがありません。

そして、その責任は全て社長にあったのです。

■『ビジョン実現型人事評価制度』が組織を正しい経営に導く

では、なぜ社長は経営のやり方を間違えてしまうのでしょう。

2つの理由があります。

1つは継続性のなさ、もう1つは戦略なき経営です。

この2つの欠点を解消して、人材と組織を成長に導くのが『ビジョン実現型人事評価制度』という考え方です。

ビジョン実現型人事評価制度とは、経営計画書に直結する人事評価制度を構築、それぞれの制度の運用を仕組み化した上で、人材育成を通じて将来のビジョン、経営目標の実現を目指すものです。

書店に並ぶ本の多くは、考え方や設計手法の部分までの限られた内容で、特に中小企業の実践向けではありません。

そこでここでは、経営計画書と人事評価制度を社内で実際に使えるようにするための手順やコツにこだわりました。

例えば、「社員に向けて社長はどういう言葉を発するべきか」を現場で使えるセリフ例を具体的に示しています。

コンサルティングの現場でも、ここまでやらないとなかなか自信を持って話ができない社長が多いそうです。

ましてや自分たちだけで実践しようとしている社長は、いざ改革断行となるとなかなか踏ん切りがつかないことでしょう。

そんな社長さん達が第1歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

ビジョン実現型人事評価制度

新着情報

2012年12月7日
姉妹サイト