人事評価の極意~稼げる人材へ

ビジョン実現型人事評価制度とは、経営計画書に直結する人事評価制度を構築、それぞれの制度の運用を仕組み化した上で、人材育成を通じて将来のビジョン、経営目標の実現を目指すものです。

これが人材成長に結びつく評価制度の適用

社長の心配事は実は良いことばかり

社長の心配事は実は良いことばかり

「モチベーションは下がらないか」「不満が出るのでは」「辞める人が出てくるのではないか」……人事評価制度に踏み切れない理由を社長に聞くと、主にこの3つの不安要素を挙げることが多いようです。

しかし、この3つは起こった方が良い結果になるのです。 (さらに…)

プロジェクト成功の鍵を知る

プロジェクト成功の鍵を知る

3つの約束

企業へのコンサルティングを担っている会社は色々ありますが、『日本人事経営研究室』では、ビジョン実現型人事評価制度に取り組む場合、クライアントに3つの約束をしてもらうそうです。

  1. まず、プロジェクトメンバーが毎回必ず全員揃って打ち合わせに参加する
  2. 私達(コンサルタントや日本人事経営研究室の社員)と「先生」とは呼ばない(さんづけ)
  3. 成果が出るまで決して諦めない (さらに…)

チャレンジ制度の活用が成長を決める

チャレンジ制度の活用が成長を決める

チャレンジ制度とは目標達成支援

評価制度の中に、必ず評価・育成面談に基づいて決めた目標達成を支援する『チャレンジ制度』を組み込みます。

中小企業でも多く導入されている目標管理制度に近いものですが、目標の達成度を評価に反映する目標管理制度とは異なる点もあります。 (さらに…)

成功するには段取りが全て

育成面談の成功の鍵は、きちんと準備して面談に臨むことです。

準備を全くせずに面談するやり方では、どんなに自分自身の仕事のスキルが高くても部下を納得させることはできません。

最初は大変だと思いますが、準備に時間をかけることが育成面談を成功させる大きな要因です。

また、必要な資料をしっかり準備して臨むことが重要です。 (さらに…)

育成面談が人材成長のポイントとなる

育成面談が人材成長のポイントとなる

育成面談の目的と手順

目的の1つ目は評価結果を伝えること、2つ目は『課題の明確化と目標の共有』です。

本人の成長に結びつけるのが主旨ですから、後者の方がより重要です。

一方、本人に評価結果を納得してもらわないことには、前向きに取り組もうとはなりませんから、結果をきちんと伝える必要があります。

ただし、納得させることだけを目的に面談を終わらせるようなことではいけません。

面談の進め方は下の表のような流れになります。 (さらに…)

会議はこう進める

会議はこう進める

評価決定会議は、評価制度を成果に結びつける最も重要なプロセスにもかかわらず、ほとんどの会社で行われてきませんでした。

言葉自体を初めて聞く人もいるかもしれません。

では、どういうものなのかを現場の実況例を見てみましょう。

司会「それでは、20××年7月~9月までの四半期の評価決定会議を行います。よろしくお願いします。最初に、評価に差が出ている項目から見ていきます。まず『目標に対する取り組み』ですが、D部長のB評価に対して、E店長はC評価になっています。E店長、理由を教えて下さい」

E店長(以下E)「はい。Nさんは目標設定は適正にできていたのですが、商品の在庫が切れた時に対応が遅れ、売り逃しをしてしまいました。カバーするための対策もなく、結局目標には届きませんでした。よって『C』と判断しました」 (さらに…)

全社員の評価決定会議を毎回実施する

全社員の評価決定会議を毎回実施する

リーダーにリーダーとしての自覚を芽生えさせる

人材育成とは、誰を成長させることでしょうか。

実は、評価制度を導入するとリーダーが最初に成長するのです。

評価される側が成長するかと思いますよね? (さらに…)